2016年11月29日火曜日

アメニティーフォーラム21プログラム決定!&申し込み開始!!

20回という切りの良さをきっかけに一旦お開きとするか、次の世代にすっかりバトンタッチするか覚悟を決めるとした前回。気づいたのは、アメニティーフォーラムはこの20年の間に、生みの親の手中には収まらず、多くの人に共有され、人格を持たされ、バイタリティーに富んだやつに成長していたということだ。こうなると生みの親の意向だけではどうにもならない。現に、向かうべき課題と考える事柄はまだまだ世の中に溢れている。こうしてアメニティーフォーラムは21回目を迎える。

世間を震撼させた相模原市の障害者支援施設での事件。事件の凄惨さに加え、事件を起こしたのが支援者であったショックは障害当事者、家族はもとより、福祉関係者にも大きな傷痕を残した。この事件にどう向き合いどう言葉にすべきか?不安に思う人たちに自分が掛けている言葉は薄っぺらくないか?そもそも自分の障害者観、人間観は揺らがないものか?今も多くの人が逡巡していると思う。このことについて直接的にも間接的にも考えてみたい。

さらに、いわゆる2025年問題がすぐそこまで来ているが、2040年は更に深刻な状況となる。少子高齢化が進む社会は、福祉サービスを享受する人が増大する一方、提供する人は決定的に足りなくなる。アジアから人を求めていくのか、移民を受け入れる社会を目指すのか、それともIoTの伸展やロボット開発に望みをつなぐのか。10年ほど前、障害福祉サービスも介護保険を利用してはどうかというセッションを組んだことがあったが、多くの方々から大批判を受けた。しかし、支え手が物理的にいなくなることが明確となった今、もう一度議論を始めるべきだと思う。障害がある人の暮らしの充実を考えると同時に、この根っ子にある「人口問題」を考える必要がある。人口が縮小することで、経済構造は勿論だが、家族の形や福祉の在り方にも大きな影響(変化)をもたらすことになる。そして超高齢化社会と人口縮小が続くと、いずれ、国の崩壊はやってくる。

だから「今」と「近未来」について、様々な視点を通じて同時に考えていく必要がある。そのことが私たちに求められている。これらのことをしっかりと押さえながら、障害者基本法の改正、虐待防止法の改正についても、どうあるべきかを議論したい。

アメニティーフォーラムは、「未来」に向かう「今」を議論するフォーラムでありたい。

一方、障害者による文化芸術活動の推進に関する法律が、国会に提出されようとしている。この法律がアメニティーフォーラムの日までに成立していたら、この分野も応援し続けてきたアメニティーフォーラムとしても喜ばしいことであり、皆さんで祝杯を上げたいと思う。今年はコンサートを二本用意した。びわこを眺めているだけで解放された気持ちになるが、大きな声で歌うこともこれまた気持ちが良い。自由な心になって、重い課題も議論して行けたらと思う。

今年は厳冬という話もあるけれど、相も変わらず冬のびわことお待ちしています。どうぞ皆様お集まりください。

※11/28時点でのプログラムです。今後、変更の可能性があります。ご了承ください。
アメニティーフォーラム21プログラム
https://goo.gl/HXFn7k

プログラム解説
https://goo.gl/42IlbW

同時開催:アール・ブリュット展「ライフワークイズム」
https://goo.gl/2SKV6H

同時開催:パフォーマンス&バリアフリー映画祭
https://goo.gl/zaVw5J

アメニティーフォーラム21 申し込みのしおり(ご案内お申し込みの際にお読みください)
https://goo.gl/3wZoTX

アメニティーフォーラム21 開催案内(ポスターセッションの情報もこちら)
https://goo.gl/Z7JNCd

アメニティーフォーラム21 参加申込書
https://goo.gl/107Yz9

全国地域生活支援ネットワーク強度行動障害支援者養成研修(指導者研修)開催案内
https://goo.gl/LC414n

2016年11月23日水曜日

フランス歴史人口学者「エマニュエル・トッド氏」アメニティーフォーラム21 登壇決定!

ビッグニュースです!

フランスの歴史人口学者、家族人類学者のエマニュエル.トッド氏のアメニティーフォーラム21へのご登壇が決定しました!

エマニュエル.トッド氏は乳幼児死亡率、出生率、識字率といった「人口」と「家族」に関わる指標から、「ソ連崩壊」「リーマン・ショック」「アラブの春」「ユーロ危機」を事前に予測し、数々の「予言」を的中させてきたフランスの歴史人口学者です。

アメニティーフォーラム21では、日本が直面する深刻な人口減から消滅可能性都市問題、介護の担い手の減少が顕在化する2040年問題に真っ正面から向き合います。
どうか、ご期待ください!


※写真はエマニュエル.ドット氏(中央)との出演交渉とインタビューを終えた、毎日新聞論説委員の野沢和弘さん(右)とアメニティーフォーラム実行委員会、社会福祉法人グロー理事長の北岡賢剛さん(左)

2016年11月15日火曜日

アメニティーフォーラム21開催日決定!

今年も開催します!「アメニティーフォーラム」。
この度の開催で21回目となります。
今年の開催日程は平成29年2月10日(金)〜12日(日)の期間で開催いたします。
会場は「びわ湖大津プリンスホテル」となります。
http://www.princehotels.co.jp/otsu/
プログラムは現在、鋭意製作中です。決定次第、アップいたします。どうか、ご期待ください。