2016年2月3日水曜日

アメニティーフォーラム20 プログラム・バス運行表等のお知らせ

平成2825日(金)~27()の、アメニティーフォーラム20プログラム 最新版、びわこアメニティーバリアフリー映画祭2016プログラム、バス運行表についてお知らせいたします。

最新のプログラムをご確認ください。


※大津駅~大津プリンスホテル間直通の臨時運行バス



みなさまお気をつけてお越しください。

2015年12月2日水曜日

アメニティーフォーラム20回記念 小室等 × きたやまおさむ ジョイントコンサート

今回のアメニティーフォーラムでは、なんと、きたやまおさむさんと小室等さんによるジョイントコンサートがフォーラム期間中に開催されます。きたやまおさむさんはこれまではご講演でアメニティーフォーラムではもうお馴染、となりましたが、今年はついに歌声を聴くことができます。

「戦争を知らない子供たち」「あの素晴らしい愛をもう一度」などの名曲が演奏されるはず。皆様、ご期待ください。

ボーダレスアートミュージアム「no-ma」のサイトでもこの情報は見ることができます。
http://www.no-ma.jp/?p=12481

2016年2月6日(土) open 19:30 / start 20:00
大津プリンスホテル 3階プリンスホール 定員:200名
前売券 5,000 円 / 当日券 6,000 円 全席自由
※定員に達し次第前売券の予約は終了します。その際、当日券の販売はありません。ご了承ください。

コンサートの入場券をお持ちの方は、同日・同所にて開催される北山修氏の講演を聴講いただけます。
北山修(精神科医・臨床心理士)講演会
「潔くあきらめない~錯覚と脱錯覚を生きる~」
2016年2月6日(土)17:50~ 19:00
大津プリンスホテル コンベンションホール淡海

[ジョイントコンサート出演者]
小室等(ボーカル/ギター)/こむろゆい(ボーカル/ウクレレ)/谷川賢作(ピアノ)/田代耕一郎(ギター/フラットマンドリン)/竹田裕美子(アコーディオン/キーボード)/河野“菌ちゃん”俊二(パーカッション)


きたやまおさむ(ボーカル)/行徳伸彦(ギター)/石井直美(キーボード)

◆ 前売券予約方法
電話、FAX、メールのいずれかで小室等×きたやまおさむコンサート受付係までお申し込みください。
FAX、メールでお申し込みの場合、お名前(フルネーム)、住所、電話番号、メールアドレス、チケットの枚数をご記載ください。
■社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~
法人本部企画事業部 小室等×きたやまおさむコンサート受付係
TEL 0748-46-8100( 受付時間|平日9時~17時)
FAX 0748-46-8228 kikaku@glow.or.jp

◆ 前売券の予約受付期間
2015年12月1日(火)~2016年1月31日(日)
定員に達し次第、前売券の予約受付を終了します。
ご予約で定員に達した場合は、当日券を販売いたしませんのでご注意ください。あらかじめお問い合わせいただくか、Webサイトにてご確認ください。

◆ ご予約いただいた前売券のお渡しについて
ご予約いただいた前売券は、コンサート当日にチケット料金と引き換えにお渡しします。なお、料金は現金でご精算ください。
引換時間:2016年2月6日(土)16:30~
引換場所:大津プリンスホテル コンベンションホール淡海1階
アメニティーフォーラム実行委員会事務局
小室等×きたやまおさむコンサート受付係

※コンサートおよび講演会はアメニティーフォーラム受講者の参加状況により、立ち見で観覧・聴講いただくこともございます。ご了承ください。


小室等 プロフィール http://office-khys.com/(オフィス・キーズ)
1968年グループ「六文銭」を結成。1971年第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦+六文銭)でグランプリを獲得。1975年泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は自身のライブ・コンサートを中心に、娘である こむろゆいとの「Lagniappe」や、「六文銭’09」など、ユニットでの活動の他、様々なジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。2011年7月11日には、「音楽活動50周年ライブ~復興~」を全労済ホール スペース・ゼロにて行う。(ライブを収録したアルバム、FLMEより発売)。また、テレビドラマ、映画、舞台などの音楽制作、ドキュメンタリー作品のナレーションなど、その活動は多岐にわたる。最新の音楽担当作品は、ドキュメンタリー映画「沖縄 うりずんの雨」(ジャン・ユンカーマン監督/2015年)、「戦場ぬ止み」(三上智恵監督/2015年)。
1980年代後半、信楽青年寮で作られた土鈴に魅了され滋賀に来訪するようになる。その後、「しがらきから吹いてくる風」の音楽担当やDVD「日本のアウトサイダーアート」のナレーションを務めるほか、糸賀一雄記念賞音楽祭の総合プロデュース、この「アメニティー・フォーラム」で演奏を行うなど、長年にわたり滋賀での活動を継続している。

きたやまおさむ プロフィール
1946年淡路島生まれ。1972年,京都府立医科大学卒業。ロンドン大学精神医学研究所にて2年研修後、北山医院(現南青山心理相談室)院長を経て、 2010年春まで九州大学大学院人間環境学研究院・医学研究院教授。
現在は、九州大学名誉教授、白鴎大学副学長兼特任教授、国際基督教大学客員教授。そして今も臨床活動が主な仕事。
マスメディアでは、「帰って来たヨッパライ」でデビュー、作詞家としての代表作は「戦争を知らない子供たち」、「あの素しい愛をもう一度」 など。主な著書に、『みんなの精神科』(講談社1997)、『北山修/きたやまおさむ 百歌撰』(ヤマハミュージックメディア2008)、『ビートルズを知らない子どもたちへ』(アルテスパブリッシング2009)、『帰れないヨッパラィたちへ』(NHK出版)。専門書としては編著『共視論』(講談社2005)、『劇的な精神分析入門』(みすず書房2007)、『日本人の〈原罪〉』(講談社2009)、『最後の授業』(みすず書房2010)、『覆いをとること・つくること』(岩崎学術出版社)、『評価の分かれるところに』(誠信書房)など多数。

◆ 前売券予約・お問い合わせ
■社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~
法人本部企画事業部 小室等×きたやまおさむコンサート受付係
TEL 0748-46-8100( 受付時間|平日9時~17時)
FAX 0748-46-8228 kikaku@glow.or.jp

2015年11月30日月曜日

アメニティーフォーラム20 ポスターセッションのお申し込みについて

アメニティーフォーラムで恒例となりましたポスターセッションについて、お知らせいたします。ご案内はすでにさせていただいておりましたが、


参加申し込みや出展要綱についてのアップが遅れていました。
本日、このブログ上でアップいたしますので出展希望の団体は、以下から資料をダウンロードしてください。



ちなみに例年、出展料として7000円をいただいておりましたが、今回から出展料が10000円に改訂されていますので、ご了承ください。

ポスターセッションに関してのお問い合わせ
全国地域生活支援ネットワーク
 〒943-0834 新潟県上越市西城町2-10-25-307
 Phone: 025-530-7260
 Fax: 025-530-7261
 メール:shien.net.japan@gmail.com(担当:片桐)

2015年11月20日金曜日

アメニティーフォーラムと同時開催!「強度行動障害支援者養成研修(指導者研修)」

都道府県で強度行動障害支援者養成研修を開催しようとしている方には必見です!
全国地域生活支援ネットワーク
「強度行動障害支援者養成研修(指導者研修)」のご案内

全国地域生活支援ネットワーク主催「強度行動障害支援者養成研修(基礎研修・実践研修)」今回はアメニティーフォーラムの開催にあわせて大津プリンスホテルで開催することにしました。テキストを執筆した日本の第一線で活躍する専門家や実践家による充実の指導者研修です。研修受講者には各地での研修を全国地域生活支援ネットワークがバックアップします。

日程:平成28年2月4日(木)〜6日(土)
 4日(木)10:00〜20:20
 5日(金) 9:00〜19:10
 6日(土) 9:00〜18:30

会場:大津プリンスホテル(〒520-0801 滋賀県大津市におの浜4丁目7−7)

対象:各都道府県で強度行動障害支援者養成研修を実施する方、又は指導者として携わる方

定員:50名

参加費:30,000円

申し込み方法:以下のULRから申し込み用紙をダウンロードしていただき、お申し込みください。

申し込み締め切り:平成28年1月15日(金)
(受講決定者にはあらためて研修の詳細をお送りいたします)

※本研修を受講される方は研修中はアメニティーフォーラムを並行受講することはできません。ただし研修後の時間や7日の講義などはご参加いただけます(特別なパスをご用意いたします)
※宿泊やお食事の案内は、受講申し込みのあった方に個別にご連絡いたします。アメニティーフォーラム20のお申し込みはしないようにお願いいたします。

!!注意!!
当研修は自主開催の指導者研修であり、研修受講によりそのまま重度障害者支援加算の対象となるものではありません。ただし、厚生労働省で定められているカリキュラムの内容に沿うものですので都道府県の判断で加算の対象になる場合もあります。

受講申込書(↓からダウンロードしてください)

○お申し込み
全国地域生活支援ネットワーク
〒943-0834 新潟県上越市西城町2-10-25-307
Phone: 025-530-7260  Fax: 025-530-7261
E-mail:shien.net.japan@gmail.com

○研修についてのお問い合わせ
研修担当:福島龍三郎
(全国地域生活支援ネットワーク / NPO法人ライフサポートはる)
Phone: 0952-37-7078
E-mail: fukushima-haru@mopera.net

「アメニティーフォーラム」第20回記念大会への参加のお誘い

晩秋の候、皆さまにはご健勝のこととお喜び申し上げます。

 来る2016年2月5日(金)~7日(日)に滋賀県大津プリンスホテルを会場に「アメニティーフォーラム20」を開催いたします。

 この催しは、障害がハンディにならない社会の実現を目指して開催してきました。この間大きな制度改革を経てきましたが、一貫してハンディのある人の豊かな地域生活の実現に向けて必要なサービスとそれを提供していく仕組みづくりを提案してきました。

 第20回を記念するフォーラムの開催パンフレットができあがりました。
 総合支援法3年目の見直しの議論も盛んですが、福祉を巡る課題は広がりを見せています。引きこりや高機能発達障害、高次能機能障害に苦しんでおられる方への福祉サービスの開発、子どもの貧困が以後の様々な福祉課題に連鎖していることなど福祉が担うべき支援は広がってきています。子どもたちのこと、認知症高齢者のことへと視点を拡げ、これから成熟した社会を創り上げるためにどうすればいいのか、福祉はそのすそ野を広げていく努力が求められていると思います。そんな思いから、20回を迎える今回はゼミナールも準備して盛り沢山な内容になりました。

今年も「びわこアメニティーバリアフリー映画祭2016」とさらに「盲ろう者が楽しめる映画祭」を、そしてアール・ブリュット展&トークセッションを開催します。

 課題は多いですが変わらずこの場所から「障害のある人をはじめとする社会的弱者といわれる人が地域で安心して暮らせる社会の実現」を目指して発信します。
美しい冬景色の琵琶湖・比叡の山並みとともに皆様のご参加をお待ちしております。
 職場の皆様やお友達にもフォーラムの情報を広くお伝えいただければ幸いです。

アメニティーフォーラム実行委員会
代 表  田中 正博  
 
アメニティーフォーラム実行委員会事務局
〒520-3202 滋賀県湖南市西峰町1ー1
オープンスペースれがーと内
TEL 0748-75-8210
FAX 0748-75-8270



アメニティーフォーラム20_プログラム
※プログラムに修正があり、差し替えをいたしました。ご了承ください(2015/11/26)
※講師名の表記に間違いがありました。2日目14:40~「20年間、一緒にたくさんの法律を作りました」に御登壇いただく民主党衆議院議員 中根康浩様のお名前に誤りがありました。 訂正してお詫びいたします。(2015/12/25)